2004年 11月 30日
旭川電気軌道「アーバス」
先だって同社の2ステップ車をご紹介しましたが、同社の社名を聞いてこちらのバスを思い浮かべる方も多くいらっしゃると思われるのがこの「アーバス」でしょう。ノンステップ車導入に際して、この塗装の車両が登場、その後続々と導入が続いており、旭川駅前でもかなりの確率でこの車両を見ることができます。この塗装でふそう、日野(HUとHR)、日産(富士ボディーと西工ボディー)の3メーカー車両がおり車両面でもバラエティー豊かです。
非常に目を引く塗装ですので、モデル製品もいずれ発売されるだろうと思いきや、現在に至るまでまだ発売されていません。そこでここではふそうの車両を4面から撮影した画像を掲載してみることしました。こうした塗装の車両を模型化する際には塗装をトレースするためにこんな構図の写真が不可欠です。
まずは両側面の画像です。
e0089820_1825139.jpg

e0089820_1842563.jpg


続いて前面とリアを正面から撮影した画像です。
側面画像の項目で書きそびれましたが、このふそう車でも中扉がスライドグライド、引き戸とバリエーションがあるほか、側面方向幕の位置(側面中ほど、ガラス内)、LED表示機の車もいるなど年次ごとにさまざまな差があります。
e0089820_1843531.jpg
e0089820_1833142.jpg




実車はこのほかにも日野(ブルーリボンシティー)(HR)や、UD(富士重新7EのUA272と452)(西工96MCのUA452)など、いすゞ以外は一通りノンステップ車が揃っているような状況で、結構楽しむことが出来ます。サイトのほうには西工96MCの作例を掲載しています。
[PR]

by atbmodels_fuso | 2004-11-30 23:01 | KC-


<< 函館バス3249号車      神奈川中央交通MP218M 2台 >>