2009年 03月 07日
越後交通グループのエアロK
新潟交通のお隣、越後交通も、実に様々な形態のエアロスターKを導入している事業者です。

説明などのテキストを書き加えました。

e0089820_152815.jpg
e0089820_154624.jpg

まずは自社発注車から。平成元年式、同社が最後に導入したP-MP218Kです。基本的に同社のエアロKに共通する仕様として、マーカーランプは前後にあり、側面方向幕は中ドア後の窓下に埋め込み、リア方向幕はなく、リア窓が2分割でピラーがある点、後退灯は丸型のものが左右2灯取りつけられているが特徴です。この車はフォグランプも丸型です。
また、新潟交通と同じく、一番短いK尺のほか、一番長いP尺の呉羽エアロKもいましたが、引退が早く撮影することができませんでした。
e0089820_162470.jpg
e0089820_16399.jpg

こちらは2年式のU-MP218K初年度車。正面フォグランプ、リアの反射板ともに角型に変わっています。ナンバープレートは右オフセット。

e0089820_1779.jpg
e0089820_172132.jpg

戻ってP-MP218Kですが、導入時期の僅かな差で、正面フォグランプの形が丸から四角に変更されています。711は62年式、778は63年式。P-、U-の変更時期とフォグランプの形状は関係ないようです。
e0089820_174616.jpg
e0089820_18428.jpg
e0089820_182250.jpg

こちらが2年式、同社のU-MP218K初番号になる918号車。本体所属の車と、子会社に移った車の双方がいます。
e0089820_185930.jpg
e0089820_19969.jpg
e0089820_193060.jpg
e0089820_194040.jpg

4年式のU-MP218K。エアロKはこの年が最後の導入です。5台が所属し、こちらも中には子会社に移った車両もいます。基本的な仕様は前年度車と同じですが、一部車両には画像のようにバックアイカメラが取りつけられています。羽後交通製品をベースに正面バンパーのフォグランプを加工するといいかもしれませんが、その他の方法もありそう。

e0089820_1124739.jpg

e0089820_1133177.jpg

e0089820_1235586.jpg

こちらは以前にもご紹介した大型短尺、MMのエアロKです。741は63年式、889は2年式のP-MM117Jで、このあとU-MM218JになるとMBMボディーになります。
バンパー内の灯具を見ると、正面は角型フォグ、リアは丸型反射板と言う仕様の車です。変り種の車両ですが制作意欲はわきますね。





以下は首都圏からの移籍車両です。
e0089820_1135734.jpg
e0089820_1141077.jpg
e0089820_1145297.jpg

ご覧の通り川崎市から転入したU-MP218K。川崎市の特注仕様などもそのまま。塗装はいわゆる「ハイライトカラー」になり、湯沢、六日町、十日町、津南など南越後観光エリアで見かけます。バスコレ製品から作るなら、道北バス製品をあっさり塗りかえれば完成できそう。しかしこの塗装はちょっと厄介ですね。。。

e0089820_1151669.jpg
e0089820_115254.jpg

同じく川崎市からはP-MP218Kも転入。こちらは銀色塗装です。セーフティーウィンドーがなく、ライトは標準の丸型、フォグランプは角型ですがリアのバンパー内反射板は丸型です。この車両をバスコレから作るなら横浜市交通局のモデルをベースにすると比較的簡単にまとまりそう。リアの反射板をオミットすれば・・・の話ですが。

e0089820_1154672.jpg
e0089820_1162023.jpg
e0089820_1163032.jpg
e0089820_1164771.jpg
e0089820_1165775.jpg

都営バスからもU-MP218Kが在る程度まとまった数転入しています。カラーリングも銀とハイライト、2種類の車両が所属しています。全車両南越後観光の所属。こちらは都営バスの塗装変更だけで完成できそうです。
[PR]

by atbmodels_fuso | 2009-03-07 01:17 | P-


<< ニューエアロバス・・・この車を...      とりあえずやりますか…新潟交通... >>