<   2005年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2005年 05月 09日
京王電鉄バスMP218M
ここ最近は、UD+96MCネタが続いていた感もありますので、久々に心安らぐふそうバスの画像をどんとお送りしたいと思います。

掲示板の方にも少々記したのですが、これまで数回行ってきたステッカー頒布などのたびに、「京王バスのステッカーを作って!」という熱烈なリクエストをいただいていました。しかもそれが複数のかたから寄せられていて、「人気が意外と高いんだな~」と思う反面、個人的に私はご存知の通り東急派!?であるために、京王への知識もあまりなく、その上ナローやいわゆるナローのロング10.5m車と行った軽量級の車両には非常に興味のない人間なため、最近の京王を見ていると、そういった軽量級の車両導入の先駆者といっても過言ではない状況をみるにつけ、果たして何が魅力なんだろう、、、と正直不思議に思っていました。
でも、よ~く見てみますと、色々とちょっと心奪われるような魅力的な車両もまだまだいることが分かりました。そんな中で今回は2台のMPの画像を集めてみました。

e0089820_17445351.jpg

これは聖蹟桜ヶ丘から帝京大学構内に行く急行便に充当されるJ39309ですが、ご覧の通りの側面幕のそっけなさ!?がたまりませんね。

e0089820_17452961.jpg

同じく同車のリア。横幕ではあれだけ強調!?している急行便表示が後幕にはが一切ないというのも不思議というか、ファン的にはなんともそそられるものがあります。

e0089820_17455030.jpg

こちらは同じ車が中央線工事の際の代替輸送に借り出された時の貴重なシーン。ちなみに工事に失敗しなかった時の!?代替輸送です。武蔵小金井駅で深夜に撮影しましたが、1台のバスが実にさまざまな表情を見せてくれることも分かりますね。

e0089820_17461029.jpg

こちらは続番の39310号車を多摩センターで撮影したもの。先ほどの聖蹟桜ヶ丘発のそっけない急行表示とは裏腹に、急行の帝京大学構内ゆきにもかかわらず系統番号もあり、側面幕には経由地もご丁寧に記されています。

また、細かいところなのですが、このブログの一番最初の方でご紹介した39306号車と、今回紹介した2台を比較してみますと、どうしたことか正面のセーフティーウインドーと正面窓の間の桟の色が異なっていることも気づきました。(39306は車体色のアイボリーです)

More
[PR]

by atbmodels_fuso | 2005-05-09 20:45 | U-