タグ:エアロスターk ( 4 ) タグの人気記事

2009年 03月 07日
越後交通グループのエアロK
新潟交通のお隣、越後交通も、実に様々な形態のエアロスターKを導入している事業者です。

説明などのテキストを書き加えました。

e0089820_152815.jpg
e0089820_154624.jpg

まずは自社発注車から。平成元年式、同社が最後に導入したP-MP218Kです。基本的に同社のエアロKに共通する仕様として、マーカーランプは前後にあり、側面方向幕は中ドア後の窓下に埋め込み、リア方向幕はなく、リア窓が2分割でピラーがある点、後退灯は丸型のものが左右2灯取りつけられているが特徴です。この車はフォグランプも丸型です。
また、新潟交通と同じく、一番短いK尺のほか、一番長いP尺の呉羽エアロKもいましたが、引退が早く撮影することができませんでした。
e0089820_162470.jpg
e0089820_16399.jpg

こちらは2年式のU-MP218K初年度車。正面フォグランプ、リアの反射板ともに角型に変わっています。ナンバープレートは右オフセット。

e0089820_1779.jpg
e0089820_172132.jpg

戻ってP-MP218Kですが、導入時期の僅かな差で、正面フォグランプの形が丸から四角に変更されています。711は62年式、778は63年式。P-、U-の変更時期とフォグランプの形状は関係ないようです。
e0089820_174616.jpg
e0089820_18428.jpg
e0089820_182250.jpg

こちらが2年式、同社のU-MP218K初番号になる918号車。本体所属の車と、子会社に移った車の双方がいます。
e0089820_185930.jpg
e0089820_19969.jpg
e0089820_193060.jpg
e0089820_194040.jpg

4年式のU-MP218K。エアロKはこの年が最後の導入です。5台が所属し、こちらも中には子会社に移った車両もいます。基本的な仕様は前年度車と同じですが、一部車両には画像のようにバックアイカメラが取りつけられています。羽後交通製品をベースに正面バンパーのフォグランプを加工するといいかもしれませんが、その他の方法もありそう。

e0089820_1124739.jpg

e0089820_1133177.jpg

e0089820_1235586.jpg

こちらは以前にもご紹介した大型短尺、MMのエアロKです。741は63年式、889は2年式のP-MM117Jで、このあとU-MM218JになるとMBMボディーになります。
バンパー内の灯具を見ると、正面は角型フォグ、リアは丸型反射板と言う仕様の車です。変り種の車両ですが制作意欲はわきますね。

以下、首都圏からやってきたエアロKたち
[PR]

by atbmodels_fuso | 2009-03-07 01:17 | P-
2009年 03月 03日
とりあえずやりますか…新潟交通エアロスターK
バスコレ13弾でいよいよ登場したエアロスターK。結構各地で活躍している車ですが、やはり私の場合はまずはここになるのかな?という事業者と車両がこちら。
製作が簡単そうな車両から順に紹介します。

e0089820_21582056.jpg
e0089820_21583062.jpg


少数派ながら存在するエアロスターKのU-MP218K。5年式の車両が10台在籍しています。

この車であれば、セーフティーウィンドーがないので、大阪市交通局の車体と富山地鉄の窓ガラスであっさり完成です。リアのランプ関係、ナンバープレート位置もばっちりあっています。

e0089820_22155.jpg
e0089820_2211324.jpg

e0089820_022395.jpg

わずか2台だけですが、村上営業所には都営バスから移籍したP-MP218Kがいます。基本的には都営バス製品を塗り替えるだけで完成ですから相当お手軽です。細部にこだわるとリアバンパー内の反射板が丸型なので、ここは加工が必要です。

e0089820_2241414.jpg

e0089820_22155961.jpg


ここからは新潟交通らしい長尺車です。P-MP218P、60年式ですから初年度の車。存在感は抜群です。出入り口表示が異なるほか、ナンバープレートの位置も右よりに設置されています。フォグランプは丸型です。

e0089820_2255266.jpg
e0089820_2261217.jpg


63年式のP-MP218P。この年式もリアのナンバープレートは右寄せ、フォグも丸型。

e0089820_2291779.jpg
e0089820_2293316.jpg

元年式のP-MP218Pからフォグランプが四角になり、リアのナンバープレートは左寄せに変わっています。

e0089820_22104835.jpg

正面側の画像がぱっと出てこなかったのでとりあえずリア側のみ。U-MP218P、3年式の車です。
ナンバーはやはり左寄せになっています。

同社のエアロKはセーフティーウィンドーがないのが大きな特色でしょう。
以前に写真を掲載した試作スケルトンのK-MP118Nはじめ、結構いろいろなエアロKも保有している新潟交通、「なまず」の相方にはこのエアロKあたりがぴったりのような気がします。

そして、もっと様々な形態のエアロKを保有しているのが・・・越後交通グループ。こちらはまた機会を改めてご紹介します。
[PR]

by atbmodels_fuso | 2009-03-03 22:14 | P-
2008年 10月 24日
祝!?バスコレ製品化 道北バスのエアロスターK
標題の通り、バスコレ第13弾の製品にラインナップされることになった道北バスのエアロスターK。

道北バスといえば、オリジナリティーあふれる奇抜な車体塗装が有名&好評ですが!?、本来は自社のふそうは三菱車体のエアロMが所定でした。

e0089820_0411995.jpg


それに対してエアロKは他社からの移籍車。しかしバラエティーは結構豊富です。

e0089820_0415817.jpg
e0089820_0421550.jpg

今回プロトタイプになりそうなのが、この川崎市交通局から移籍したエアロKのMP218K。道北バス一般色に塗られています。
しかし塗装もさまざまで。

e0089820_043206.jpg

せっかく塗り替えしたのに広告車両になっている413。白金温泉の広告で、のデザインで比較的きれいです。

e0089820_044484.jpg
e0089820_044232.jpg
e0089820_0443675.jpg

しかしなんと言っても有名なのが、この「たいせつゼミ」全面広告車でしょう。道北バス旧塗装の復刻なのですが、外側板広告を出している同ゼミがスポンサーになり実現した塗装変更。今では富士7Eと日野セレガにも同色が登場。エアロKは川崎市からの移籍です。

e0089820_0464959.jpg

そしてこちらがかの有名な都営バス・・・もとい、富山地鉄、いえいえ、道北バス。この元グリーンシャトルは2004年にはこの塗装だったのですが、
e0089820_048876.jpg

いつの間にか道北バス色に塗り替えられ(2005年に撮影)、このように観光周遊バスファンファンに充当されたり、
e0089820_049260.jpg

一般路線に入ったりといろいろ活躍してます。

e0089820_0492518.jpg

e0089820_0493892.jpg

しかしこのように塗り替えは正面のみ、というエアロKも未だ健在です。

で、最近結構な台数がいるのでよく見かけるのが
e0089820_0503175.jpg

東洋バスから移籍したエアロK。窓もメトロ窓でブルースモーク、尺も長く中4枚折戸と、かなり印象の違う車です。が結構さまになっていて、これはこれで模型が欲しくなりそう。ヘッドライトもテールライトも角型をしているので、顔つきも印象が少々違います。

と、いろいろな道北バスのMP218、エアロKを中心に実車画像をご紹介しました。

・・・幸いなことに都営バスも製品ラインナップに入るので、484や485、窓の加工もすれば396の移籍初期の姿も再現しやすそうです。
[PR]

by atbmodels_fuso | 2008-10-24 00:53 | U-
2007年 03月 27日
南越後観光P-MM117J(呉羽)
これまでもUDのRP、いすゞLT、ふそうMM(三菱)と、越後交通の大型9m車を掲載してきました。さきほど日野RTも掲載しましたので、勢いでMM117Jの呉羽ボディーの車両も掲載、これで一応同社グループの大型9m車をフルコンプ、ということにしたいと思います。(ただの自己満足ですが)

e0089820_0285226.jpg
e0089820_029451.jpg


十日町で撮影した139号。もともとは長岡22か・830でした。一般路線に出でる機会はないようです。

e0089820_0301325.jpg

越後湯沢の831。リアは方向幕がないのでこのようなスタイルです。

やはり同社は生きた車両博物館の名がふさわしい車両のバラエティーだな~とつくづく思います。
[PR]

by atbmodels_fuso | 2007-03-27 00:32 | P-